RSS
Admin
Archives

Number two

Rock & Movie & Design…and Cat!

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05
02
CM:4

02:14
Category : 
先月4/19に友達と松本へ日帰り旅行に行きました。
松本の事は中スポに載っていたトラベルコーナーで知り、
良さそうな所で、同じく古い街並が好きな友達と
どうしても行きたくて、彼女が「今年の花見はどこに行こうかな」と
メールで言った時に、松本に行かないか誘ったのです。
松本城周辺に桜が咲くという事はネットで見て知りましたが、
開花は名古屋より多少遅いだろうしとかなり
当てずっぽだったんですが、それ位松本に行きたかったのです…(^^;

しかし松本に行ってみると、ちょうど満開の良い時期!
松本駅のチラシを見ると、松本城の「夜桜会」も翌日の20日まで。
いつもより遅れたのかもしれません。
それにその日は天気予報では「大雨」の予想でしたが、
前日で止んでくれて、当日は日焼けが心配になる程の快晴でした。

まず最初に驚いたのが松本駅。
勝手に無人の木造の駅を想像してましたが、
「ここ、品川駅ですか?」という程のキレイさ。
東京から来る友達とは松本駅で待ち合わせたのですが、
改札を出たら駅ビルと直結していて、スタバがあり、
先に着いた私はスタバで有意義に待つ事にしました。
しかし「松本って都会…!」
合流した友達と松本を散策しながら、何度もそう言ってしまいました。

松本駅から100円の周遊バスがあるそうですが(300円の
1日乗車券がかわいかったので買いたかったのですが・笑)、
徒歩15分程度らしいし、古い街並を通りながら、松本城へ。

お店や住宅が並ぶ通りを歩いていると、
ペットボトルやらで水を汲んでいる人達の光景が…!
松本1
(画像は全てクリックで大きい画像が見えます)
貯まっている水を飲んでも平気だそうで、
飲食店など経営されてる方も使われているそうです。羨ましい。
私なんて家の水そのまま飲むの怖いから、
ミネラルウォーター買ってますが…。
しかし水が美味しい所は食べ物も美味しいですね。
名古屋も美味しいけど(^^;
松本に来たら名物が多過ぎて、色々と目移りしてしまいました。

そして私が一番行きたかった「中町通り」へ。
松本2

白壁土蔵造りで統一されたお店が並んでます。
中華屋さんまで外装は土蔵造りでした。
こういう街は、地方自治体もだけど、
市民の協力もないと出来ませんよね。
街の空気を崩す事なく、整備されていて本当に綺麗で、
中町通りから外れた所に、原色で塗られた、繁華街にありそうな
安っぽい店を見た時は「久々にこういう店を見た!」と思いましたもん。
それほど松本はレトロでオシャレなお店が多かったです。
松本3

こちらは「縄手通り」。この通りはどうやら
カエルをキャラクターに使っているらしく、
芸大生か誰かが作った巨大なカエルの置物があったけど、
カエルが苦手な私は怖くて撮れず。。
左の交番がステキだったので撮りました。パトカーもかわいい。

ようやく松本城へ!!
松本4

入ると、松本城と桜と青空と美しい景色が広がっていて、
もの凄く驚きました。思わず奇声を上げてしまったかもしれません。
それ位美しかったのです。
松本5

携帯しか持って行かなくて、あまり大きな写真が撮れなかったので、
写真ではわかりづらくて申し訳ないのですが、
堀の向こう側(写真で言うと左側)は広場になっていて、
沢山の人が嬉しそうにお城や桜を見て、非常にのどかな風景でした。
私はこの頃、会社がひどく忙しかったので、
この光景には非常に心を打たれ、癒されました。
にしてもこの青空の美しさ!かないません。

桜も想像以上に沢山の桜が植えられていて、
城を四方から囲むように桜並木が続いていました。
松本6

公園では花見をやっている人がいたのですが、
場所はかなり余っていて、ゆったりとしてました。
松本7

松本では名古屋や東京のように朝早くから
場所取りとかしなくても良さそうなので、
花見を思いきり楽しみたい人にはかなりオススメです。

それから旧開智学校へ。
松本9

私はさんざん「松本に行きたい!」とわめいていたくせに、
子供の時家族で旧開智学校に来た事を直前まで忘れてました。
というか名前を覚えてなかったので。。
出発の数日前にじっくりと外観を見てようやく思い出しました。
その時は松本城や城下町には行かなかったし、
長野に旅行に行って、旧開智学校だけ見て帰ったような…
とにかく夏の暑い日で、車に乗っている時間が長くて、
早く帰りたいと思った事しか覚えていませんでした。
旧開智学校に入る前に何やら巨大な木がお出迎え。
松本8

何の木!?と思ったら、ポプラの木だそうです。
凄い威厳を感じる木です。
私達の前にいたおばちゃん数人が「この木に触ると幸せになる」
とか言ってましたが、そうやって何か言いたくなるような木でした。

松本10

旧開智学校以外にもあるのですが、
子供の時より大人になってからの方が感動する事が多いです。
如何に自分が子供の時何も考えていなかったとい事が分かります…。
松本11

私は明治・大正・昭和初期の文化が異様に好きなので、
建物内部や展示物などまじまじと見ましたが、
窓から眺める桜や松本の景色も非常に美しくて、
友達と何度も眺めてしまいました。
旧開智学校は大工棟梁の方が当時東京の建物を参考にして作ったそうですが、
資金源の7割が住民の寄付である事、そして戦争や水害に遭った時も
修復して、今でもこうしてキレイに残されている事。
松本の人は昔からこうした文化に対して、おそらく自発的な団結力と、
素晴らしい考えをずっと語り継いでいるんだなと思いました。
それが重荷となって、出てない所がまた素晴らしい。
どれほど美しい街でも、多分押し付けがましい人とかが出て来たら
そう思わないんでしょうが、きっと自然とやっているんでしょうね。
あちこと歩いていて気付きましたが、ゴミが全く落ちていない事、
そして「禁煙地帯」と書かなくても、歩きタバコをしている人が
全くいない事に気付きました。羨ましい限りです。

現在の開智学校も旧開智学校に近いながらも現代風な面白い造りで、
こんなキレイな土地で素晴らしい旧校舎を見ながら育って行く子供は
きっと幅広い創造力を育んでいくんではないかと思ったり。

松本城の方へ行くと、友達が好きな馬刺しが食べられる店が
なかったので、お腹を空かせながら、また中町通りへ戻って、
そば屋の扉の貼り紙を見ると「馬刺しあります」と手書きの文字が。
名前を忘れてしまいましたが、美味しそうな名物のそば鍋が
売り切れていたので、桜そばにしました。
松本13

画像はちょっとグロテスクですが、美味しかったです。
馬好きなので、考えると吐きそうですが、、
忘れて食べる事にしました。。
松本12

しかしこのお店(蔵シック館隣の「まつした」さん)、
有名人も結構来てるそうですが、
中でも小澤征爾のサインがあったのは驚きました。

それから、もう1つ目的であった浅間温泉へ行きました♪
私達が入ったのは、写真で見た&想像したよりずっと
小さくて古いお風呂屋さんでしたが、
もう十分松本を楽しんだから、さほど気になりませんでした。
今回は気がついたら自分土産はあまり買わずに、人へのお土産ばかり
買ってましたが、私は物欲以上の何かで十分に満たされてました。

あと北京五輪の聖火リレーにも日程がぶつからなくて良かったです。
長野市内には行く予定はありませんでしたが、松本市も当日はどうだったんでしょうね。

また中町通りに戻って来て食べたリンゴのタルト。
本当は温泉から戻って来てバス停を降りたすぐ近くの
カフェに行くハズが、私がボケてズンズン歩いて来てしまって、
ちょっと寄り道をしてこちらのカフェに来たのですが、
こちらは昔から続いている宿の1階にあって、文学者が好みそうな建物で
赴きがある上、ケーキもコーヒーも美味しくて、凄く良かったです。
松本14


しかし地元では美味しい焼きたてアップルパイを食べて、
松本に行ったので、ちょっと最近リンゴブームです。
美味いリンゴのスイーツやグッズ探しに彷徨いそうです(^^;

友達とはまた来年の4月に松本に行く約束をしました♪
今度は泊まりでもっとのんびりします。

Comment

非公開コメント

jumpinさん>

コメント有り難うございます。
jumpinさんへレスを書こうと思って、
この記事の画像をうっかり触って気付いたんですけど、
これの前の記事で表示が上手く行かなくて設定を触ってしまいって、
画像を大きく表示されるようになってませんでした(*_*;;
直したので、物によっては撮影ママのバカでかいサイズ表示されます(^^;

私が松本の事を言ったら、春じゃないけど行った事がある人が何人かいて、
こんなステキな場所があるなら教えてよっ!と思ってしまいました。笑。

>文章を読んで写真を見てると行った気持ちになりますね。
jumpin卿に言われるとめっちゃテレます。(´ε`*)ゝ

>一番上の写真の水はわき水なんでしょうか。
わき水だそうですよ。私は流れ出てるやつを飲んだけど、
井戸に貯まってる水を飲んでも全然平気だそうで。澄んでました。

>触りたい触りたい!
爆笑。
何かコブみたいなのがボコボコしてて、その辺をつねっちゃいました。笑。

>昔の大工さんのレベルと技術の高さ
中もどこを取っても本当にキレイでオシャレで、
大工とか建築っていうか、デザインの世界でしたよ。
その人の肖像画や当時の学生が着てた服を見ると着物なんですが、
西洋の建物に衝撃や何かインスピレーションを感じたんでしょうね。
(日本家屋もいいけど)相当の思い入れがないと
今より物が少ない時代にあれだけの物が作れないでしょうし、
多くの協力者に恵まれたというのが凄いですよね。

今日前の会社の先輩に会ったんですが、松本城も、
徳川幕府が崩壊した時にそういう城類は全て壊そうとした
らしいのですが、住民の方が守ったそうです。
旧開智学校にいた受付の人なんかも半分ボランティアでやってそう。

>地元の人たちがそうやって維持していることで来た人が満たされるっていいなあと思う。
どうも松本の人って無欲みたいで、あまり知られてないと思うのですが、
もっとアピールしてほしいですよ。
でも、例えば京都は好きだけど、敷居が高かったり、
「松本が世界で一番良い!」みたいなのが全面に押し出されてると
地方から行く者にとってはちょっと居心地悪いので、程々がいいんですけど。

>馬も好きだけど馬は私のこと嫌いかもしれません(笑
吹き出しちゃいましたよ、ここ!(>▽<)ノノ
私も嫌われる…嫌われてると思います。
子供の時乗馬に憧れたけど、馬が怖くて全然乗れませんでしたし。

でもこれ、馬刺しは友達と半分にしましたが、
そばの方にも結構馬刺しが入ってたので、肉肉しすぎて、
もう当分肉は食べたくないって思いました。笑。

きれいですねえ

建物や町並みの美しさと空の青がしびれます。
ほんとにきれいだ。

文章を読んで写真を見てると行った気持ちになりますね。

一番上の写真の水はわき水なんでしょうか。そのまま飲めるっていいですね。私もミネラルウォーターを買って飲んでる身なのでうらやましい。

>この木に触ると幸せになる
触りたい触りたい!

昔の大工さんのレベルと技術の高さってすごいですね。今こんな建物作れなさそう。
文化を維持するって大変なことですね。古い建物を維持するのも大変だろうと思うけど、地元の人たちがそうやって維持していることで来た人が満たされるっていいなあと思う。

桜そば、おいしそうですよ。私も馬刺が好きなので。
馬も好きだけど馬は私のこと嫌いかもしれません(笑

ディー坊さん>

フーファイ、松本に来たんですか(笑。
やはり松本って都会、かも。

松本かあ。。。98年のフーファイで行っただけで観光した事無いですわ~。。。いつか行きたいなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。